間違った紫外線対策が老化を早めているかも。

間違った紫外線対策が老化を早めているかも。

紫外線対策は大切

日常生活をしているとどうしても紫外線に当たらないわけにはいきません。
避けて通ることが出来ないからこそ対策はとても大切になってきます。
紫外線対策にも、日焼け止め、日傘、サングラス、長袖の衣類などいろいろと手段があります。
皆さんが普段している対策は本当に守れているのでしょうか。中には間違ったやり方をしている人も沢山見かけます。
いろいろな情報が飛び交っている今、何が良くて悪いのか分からなくなったりしますよね。
もう一度一緒に見直し、きちんとお肌を守る対策をしていきましょう。

日焼け止めで対策

日焼け止めは外出の前いつ塗っていますか。
どのように塗っていますか。その日焼け止めはいつのですか。
日焼け止めひとつにも注意点は沢山あります。
30分以上たたないと効果を発揮しないのをご存知でしょうか。日焼け止めは直前になって塗る方が多いように感じますが、それでは効き目が出てくるまでの間に紫外線をしっかり吸収していることになるのです。
それでは何の意味もありません。外出時の30分前には必ず塗るようにしましょう。
そしてもったいぶって薄く延ばすのも効果が発揮されません。伸ばしながらムラ無く塗るのはいいのですが、量はしっかり決められた量を使うようにしましょう。
安い物ではないのでついつい余っているからと去年のから使おうと思いますが、それは効き目がなくなっている場合が多いです。しっかりそのときその時買うようにしましょう。
日焼け止めの間違った使い方は老化を早める原因になりますので注意してみてください。

間違った紫外線対策が老化を早めているかも。

まとめ

日焼け止めではなく、他にも日傘は暗めの色よりも明るめの色を使うこと。これは衣服などもそうなのですが、暗い色は光を吸収傾向にあります。夏なんかは逆に吸い込むし、熱いしでメリットが全くありません。紫外線対策をしすぎて熱中症になったら元も子もないのです。
明るい色は光をしっかり反射してくれるので吸収も押さえ、温度も抑えてくれます。
ばっちり対策するのは大切なことですが正しいやり方で紫外線からお肌を守りましょう。