乾燥肌を悪化させてしまう間違ったスキンケア

乾燥肌を悪化させてしまう間違ったスキンケア

乾燥肌は辛い

冬になるとやってくる悩みが乾燥です。
毎年の事ながらやってくることに諦めがちになってきますが、まだ諦めるには早いと思います。
乾燥に対しての正しい対策をもう一度確認してみてからでも遅くないと思います。
正しい対策を一緒に見直して考えていきましょう。

乾燥の敵

乾燥肌になるには悪化させる敵を知る事が大事になってきています。
熱いお風呂につかること、ごしごしこすったりすること、睡眠時間をけずること、静電気がくる衣服を着ること、など敵はいっぱいです。
入浴はぬるま湯にゆっくり浸かり、体は力をいれて洗わない。濃密な泡で優しくあらうと全然違います。
睡眠時間はゴールデンタイムが大事と言われてきましたが、今は研究が進み、睡眠後3時間が一番お肌にとって大事だといわれてきています。
なのでいかに質のいい睡眠を目指すことがすごく大事と思います。
衣服も暖かいにこだわりすぎて、静電気を与えたりすることがお肌の刺激につながります。
ほかにも敵はありますが、身近な敵を気をつけることがものすごく大切になってきます。

間違った対策、正しい対策

間違った対策、正しい対策

敵を見直し、正しい対策を取り入れることによってお肌の乾燥を減少させることが少しでも楽に冬を乗り越えられるコツといえます。
熱いお湯に浸かるのが好きな人が、ぬるま湯に浸かることはものすごくきついことなのは私も体験してみて慣れるまでが大変でした。
寒いのでゴシゴシ洗いたいという衝動もわかります。
睡眠時間もなかなか思うようにはいきません。
すぐに全てを変えるのはすごく大変なことですが、慣れるまで辛抱して対策につなげる努力が大切となってきます。

まとめ

スキンケアは慣れて自分のものにするまではものすごく大切ですが、日々のコツコツさがすごく大事になってきます。
直ぐ変化はでないのでくじけそうになりますが、来年の冬こそは脱乾燥ですごせることを願って一緒に頑張っていきたいですね。